正しくハイキングシューズを履くコツ、ひもを結ぶコツ

正しい状態でハイキングブーツを履く

山での快適性と安全性の確保のためには、正しい状態でハイキングシューズを履き、ひもを結ぶコツを知っておくことが大切です。 ただ良いシューズを履いていれば万事OKというものではありません。履き加減やひもの結び方が正しく調節されていることを必ず確認しましょう。 道中でもハイキングシューズを正しい状態のまま保ち、ハイキングを楽しむためのコツを今から伝授します。

1.まずは靴にしっかりとかかとを収める。

靴に足を滑り込ませたら、軽く2~3回かかとを地面にトントンとあてます。そうすることで、靴にしっかりとかかとが収まります。

2.靴ひもで足の甲部分のきつさを調節する。

靴ひもを調節し、柔軟な履き心地を保ちつつ、足がしっかりと収まるようにします。 あまりきつくしすぎると、足への血流を止めてしまうおそれがあります。靴の中でも足部分に快適さを感じられるように調節しましょう。

3.足の甲部分のひもを結ぶ。

足の甲部分でひもを結びます。脛骨をやさしく前後に動かし、靴の柔軟性を確認しながら、きつさ・快適さが程良いバランスになるようにします。

4.足首の上側のきつさを調節する。

足の甲のひも通しと同じく一般的な方法でひもを交差させます。

重要ポイント:

足首の上側のひもは、上から下方向へと通します。下から上にはしないこと! これがほどけにくくするテクニックです。

5.最後はリボン結びをします。

初めは古典的なリボン結びをします。 ここからがポイント。左右の輪を引っ張る前に片方の輪を結び目に通しましょう。 これがほどけにくくする結び方です。ご心配なく。ハイクが終われば、簡単に元通りにほどけます。 下り坂に差し掛かる前には靴ひもの状態の再確認を。サポート力を高めるためには、少しきつめに締めておくことをおすすめします。

---------------------

ハイキングに関する過去記事

Quechua(ケシュア)のハイキング用品のご購入はこちら